在校生・保護者の方へ | 卒業生の方へ | 資料請求 |
歴史・沿革
歴史・沿革

 

◎歴史・沿革
 
近代の幕開けとともに開港した横浜から、世界に向けて、生糸や製茶の輸出が盛んに行われました。その中で製茶の貿易に腕を振ったのが大谷嘉兵衛翁でした。当時の横浜財界のリーダーとなった嘉兵衛翁は市会議長、横浜商工会議所の会頭、貴族院議員として活躍するとともに、教育に対する思いも強く、横浜市教育会会長、神奈川県教育会会長を歴任するなど、教育界でも大きな力を発揮しました。
 
その精神は大谷学園初代理事長、大谷高子、2代目理事長であり、本校の初代校長である大谷卓郎に受け継がれ“将来の日本を背負って立つ人材の育成を目指し、必要で信頼される人となるための教育に徹したい”との教育目標のもとに、秀英高等学校を設立しました。
 
本校の校章の五つの菱は大谷学園の『大』の字から形づくられ、翁から継承された教育への思いが込められています。
 
◎沿革
 

昭和24年10月  財団法人横浜大谷学園 創立
26年3月  学校法人大谷学園に改組し理事長に大谷高子 就任
59年4月  秀英高等学校創立 初代校長に大谷卓郎 就任
平成元年7月  学園理事長に大谷蓉子 就任
5年7月  硬式野球部が高野連に加盟し甲子園大会の県予選に初出場
9年4月  制服を新しい秀英カラーに一新
13年9月  泉区に新校舎が完成
15年4月  現校長中村隆一 就任
30年4月  学園理事長に大谷高 就任
@Copyright Ohtani Gakuen SHUEI HIGH SCHOOL ALL Right Reserved