在校生・保護者の方へ | 卒業生の方へ | 資料請求 |
よくある質問
よくある質問

入試に関する質問

一次入試、二次入試に関しては、学科試験を行っています。いずれも中学の基礎的な内容です。また、すべての入試で面接を行っています。
秀英高校を志望する理由、中学校時代に頑張ったこと、高校でどんなことをしたいか、などです。また、元気にはっきりと答えられるとよいと思います。
出願にあたっては説明会の参加が必須となっています。学校説明会のページ、またはお電話でご予約ください。
補助金や奨学金などの制度があります。 また、本学園でも入学金減免措置・奨学生制度を設けております。それぞれ条件がありますので、詳しくは、学費・補助金等についてのページをご覧ください。
本校の認可は通信制ですが、教育の充実を図るため、全日型のシステムを採用しております。毎日通学して授業を受け、わからないところはわかるまでサポートし、知識の定着を目指しています。規模の大きな学校ではないですが、その分、先生と生徒の距離が近く、「面倒見の良さ」が本校の特長の一つとなっています。
ありません。通信制高校でも全日制高校と同様の高卒資格が得られます。また、3年間で卒業です。もちろん、卒業後、大学・短大・専門学校に進学することも可能です。
寮はありませんが、県外から通っている生徒もいます。

学習に関する質問

いきなり高校の学習範囲に入るわけではなく、基礎的な内容から始めます。また、教室の雰囲気はどこも落ち着いていて、「学習しやすい環境」が整っています。
1年次の国語、数学、英語については、本校独自のベーシック科目を設定し、教員2人体制で「わからないことをなくす」学習に力を入れています。その他の教科も基礎力を身に着けるための学習から始めます。 。
授業での学びがしっかりと身に着いていないような場合には、必要に応じて補習を行ったり課題を出したりします。それらを通じてつまずきを解消し、次のステップにすすめるようにサポートします。また、希望する生徒には、検定対策の講習会や、入試、就職試験対策の個別指導も行っています。

学校生活に関する質問

検定の講習会、部活動、委員会活動、進路活動、生徒による行事準備などにあてられています。また、授業の補習、担任との面談など、個別で生徒をサポートする時間としても活用されています。
秀英高校では、中学時代、「学校を休みがちだった」、「遅刻が多かった」という生徒も、毎日時間を守って前向きに登校しています。
男子校というと少し怖いイメージがあるかもしれません。しかし、秀英高校の生徒は、落ち着いた雰囲気のなかで生活を送っています。また、さまざまなタイプの生徒が気の合う仲間を見つけることができ、共通の話題で盛り上がりながら楽しく過ごしています。
生徒からは、「勉強に集中しやすい」、「男子だけのノリが楽しい」、「かっこつける必要がないので気楽」といった声をよく聞きます。また、学習や部活動に関しても、「失敗を恐れずに取り組む」、「失敗しても何度でもやり直す」といった前向きな気持ちをもった生徒が多いと感じます。
学食はありませんが、現在は近くのコンビニエンスストアにご協力いただいて、お弁当などを出張販売してもらっています。
「必要で信頼される人となる」という教育目標を達成するために、また、すべての生徒が安全に、安心して学校生活を送れるよう生活指導はしっかりと行っています。学校全体での規則については学校の決まり事のページをご覧下さい。決して厳しいものではありませんが、秀英高校では「決まりを守ることの大切さ」を根気強く指導しています。
緊急連絡用としての持ち込みは許可していますが、学校内では原則として使用できません。朝のホームルームで担任に預け、下校時に返却します。
体育祭、文化祭、球技大会などがあります。また、2年次には修学旅行があります。詳しくは学校行事のページをご覧ください。
今年度は、北海道への3泊4日の修学旅行を予定しています。
運動部は9クラブ、文化部は7クラブあります。詳しくは、部活動のページをご覧ください。
大学、短大、専門学校、公立学校へ進学をする生徒や、企業へ就職する生徒がいます。詳しくは、進路指導と実績のページをご覧ください。
@Copyright Ohtani Gakuen SHUEI HIGH SCHOOL ALL Right Reserved