在校生・保護者の方へ | 卒業生の方へ | 資料請求 |
在校生の声
在校生の声

わかりやすい授業と充実した委員会活動
 
西村 祐星くん(3年) 横浜市東野中学校出身
 
中学校の頃は授業が難しく感じ、勉強することが苦になっていました。秀英高校の授業は、先生が生徒の疑問、質問に丁寧に答えてくれることもあり、授業内容が頭に入ってきやすいです。1年生の頃「学年1位」になり、親もとても熱心に応援してくれるようになりました。
 
私は福祉委員会に所属していて、ボランティア活動として、実際に施設に行って活動を行っています。その中で、自分で考えて、率先して動くという力が身についたと思います。その力は新入生の前で委員会紹介を行ったときにも役に立ちました。卒業後は、それらの活動を活かした仕事に就きたいと考えています。

気持ちに余裕ができ、部活動に打ち込める
 
國府田 晶尋くん(3年) 横浜市立六ッ川中学校出身
 
中学校の頃は、部活と勉強の両立ができていませんでした。秀英高校に入ってからは、授業が楽しく、しっかり取り組むことができ、「わかる」という楽しさを知りました。勉強についていけること、休み時間に友達や先生とたくさん話をすることで、気持ちにも余裕が出てきました。
 
また大好きな野球に打ち込めるように、時間、約束事を守るように心がけています。部活動は楽しいこともつらいこともありますが、充実しています。2年生の終わりに、初めてホームランを打てたことはとてもうれしかったです。
卒業後は、進学を考えており、人を笑顔にでき、勇気づけることができるような仕事に就きたいと考えています。

ユニークな先生がいっぱいいて楽しい
 
神田 拓海くん(2年)横浜市立南瀬谷中学校出身
 
以前は欠席が多くて授業にも前向きになれませんでしたが、秀英高校に入学してからは毎日楽しく通えています。ユニークな先生がいっぱいいて授業が楽しいし、ゆっくり丁寧に教えてくれるので、しっかりと理解できるようになりました。先生たちは本当に個性的で、いろいろな面白い話をしてくれるから授業に集中することができます。
 
今はバスケットボール部に入っていて、毎日、先輩達と楽しく練習しています。顧問の先生はじっくりと練習に付き合ってくれるので、中学校のときにはできなかったことにたくさん挑戦できるようになりました。

できなかったことを一からやり直せる
 
中谷 大樹くん(2年) 横浜市立原中学校出身
 
秀英高校の授業では初歩的なところからわかりやすく教えてもらえるので、今までできなかったことができるようになり、少しずつ自分に自信がついてきました。中学のときは授業に集中できず、ノートに絵を描いてやり過ごしていることが多かったのですが、今は進学に向けて成績を上げることを目標にがんばっています。
 
学校生活のなかで、約束やルールを守ることの大切さも学びました。なるべく人に迷惑をかけないよう、皆が気持ちよく過ごせるよう、自分を見つめ直す時間が増えました。また、生活習慣を自分で意識するようになり、遅刻しないように早寝早起きを心がけるようになりました。

@Copyright Ohtani Gakuen SHUEI HIGH SCHOOL ALL Right Reserved